Art Book Library EBINA
ホーム | 江戸期書画 > 花鳥動物画建部寒葉斎画幅「猛虎図」
商品詳細

建部寒葉斎画幅「猛虎図」

紙本着色
118×51
左横に落款「崎陽陵岱図 印」
桐箱

建部綾足(寒葉斎)は享保4年(1719)に津軽藩家老の二男として江戸に生れた。俳諧をめざして29歳の時「涼岱」(陵岱)と改号し、のち画の修業にも励んだ。本作には「崎陽陵岱図」の落款が伴うが、綾足が長崎に出掛けたのは31歳時と36歳時で、おそらく第1回目の滞在の時の作品であろう。長崎で描いた南蘋派の作品として貴重だと思う。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
左横に落款「崎陽陵岱図 印」